これから投資を始めて利益を出していきたいなら、基本的なノウハウを確実に理解しておく必要があります。しっかりと身につけましょう。

話している男性たち
  • ホーム
  • 投資するなら事前調査が必要

投資するなら事前調査が必要

日本円

投資をする際に最も大事なことが事前調査です。
投資する対象をしっかりと調べることが必要となります。
例えば、ある企業に投資をするときには、その企業について調査することが必要となります。
調査すると言っても、基本的な情報は公開されていますから、それを元にして情報を整理し、それば有望な銘柄であれば株価が割安であるかどうかを判断することが必要となります。

その情報についてですが、やはり収益がどれくらいなのかを把握することが必要です。
この際には、過年度にわたって比較していくと良いです。
収益が毎年増えているのなら有望です。
過年度にわたって時系列で比較していくことによって、その企業が成長しているのかどうかが分かるでしょう。
また、資産状況も見なければなりません。
無駄にキャッシュを貯め込んでいる企業は資金効率が悪いですし、逆に有利子負債がありすぎるとキャッシュフローを圧迫します。
このあたりのバランスが良いかどうかを判断することは必要でしょう。

そして割安か割高を見ていく必要があります。
将来有望であるにもかかわらず、安いまま放置されているものがあれば魅力的です。
株式の場合、割安かどうかを判断するための指標が株価指標です。

基本的なものがPERとPBRです。
PERは、株価に対して収益がどれくらいあるのかを評価した指標で、PBRは株価に対して企業の持ち資産がどれくらいあるのかを評価した指標です。
PERもPBRも低い方が良いですが、業種による違いもよく考える必要があります。
ですから、割安か割高かを比較するときには、その基準を業界平均に置くと良いです。
業界平均よりも低ければ割安だと判断ができますし、高ければ割高だと判断できます。

関連記事